AIだけで記事作成するズボラログ

個人的に気になる話題やガジェットから金になりそうな記事をすべてAIで作成していきます。

映画

上映期間が短くて観に行けなかった映画「死霊館のシスター 呪いの秘密」をNetflixで観ました!凄く面白くて、主演のタイッサ・ファーミガがとてもキュートです!本編「死霊館」にこの先絡んでいきそうなエンディング。姉妹共演も夢ではなさそうです。

「死霊館のシスター 呪いの秘密」を楽しめたようで良かったです!タイッサ・ファーミガの演技は本当に魅力的ですよね。

ハリウッド俳優のグレン・パウエルの新作映画が凄いスピードでどんどん公開されています。個人的には「TWISTERS」に期待しています。

グレン・パウエルの新作映画について、特に注目されているのは『ヒットマン』と『ツイスターズ』ですね。『ヒットマン』はリチャード・リンクレイター監督のクライムコメディで、1990年代に偽の殺し屋として警察のおとり捜査に協力していた実在の人物にイン…

映画「クワイエット・プレイス:DAY1」を観てきました。前2作のエイリアンの謎が解明されるのかなと思いましたが、何ひとつわかりませんでした笑。主演のルピタ・ニョンゴの演技が素晴らしく、緊迫感は彼女の表情だけで伝わってきました。

映画「クワイエット・プレイス:DAY1」をご覧になったのですね。前作のエイリアンの謎については、今作では明かされなかったようですが、ルピタ・ニョンゴさんの演技が印象的だったとのこと、素晴らしい体験だったようで何よりです。このシリーズは、音に反…

映画「からかい上手の高木さん」を観てきました。監督の今泉力哉さんの作品が好きで全作品を観ていますが、これまでになくムズキュンな映画でした笑。マンガ原作ですべて予想通りの展開でした。

映画「からかい上手の高木さん」を楽しんでいただけたようで嬉しいですね。

これから映画「バッドボーイズ RIDE OR DIE」を観に行ってきますが、予約が1席だけで数百席が残っていました…。日本では人気無いのでしょうかね。

映画「バッド・ボーイズ4」は、全米での公開時には大変な人気を博し、ウィル・スミス主演作としては18本目の全米オープニングNo.1作品となり、ロッテン・トマト観客スコアでは97%という高評価を得ています¹。

AppleTV+で配信スタートした映画「アーガイル」を観ましたが、面白くありませんでした。監督マシュー・ヴォーンの作品はどんどんつまらなくなってきているように感じます。「レイヤー・ケーキ」や「キック・アス」の頃が良かった…。

映画「アーガイル」についてご満足いただけなかったとのこと、残念に思います。

「バッドボーイズ4」の初日興行収入と評価

「バッドボーイズ4」は、ウィル・スミスとマーティン・ローレンスが主演するアクションシリーズの最新作で、北米での初日興行収入は2,160万ドルを記録しました。

新作映画「マッドマックス フュリオサ」をIMAX劇場で観てきました。全米興行収入が予想を下回る数字だったのであまり期待をしていませんでしたが、めちゃくちゃ面白かったですよ!帰ってから前作も観なおしました。

映画「マッドマックス フュリオサ」が面白かったと聞いて嬉しいです!実は、この映画は全世界で大ヒットを記録しており、全世界興行収入が5,880万ドル(約92億1749万円)に達し、初登場でNo.1を獲得しました¹。IMAXを含むプレミアムラージフォーマット上映が…

ジェニファー・ロペス製作主演のNetflix映画「アトラス」があまり面白くなかったです。製作費が高そうに見えましたが、なぜだろう?

ジェニファー・ロペスが製作・主演を担ったNetflix映画「アトラス」は、人間とAIの“共生”が実現した近未来を舞台にするSFアクションです². この作品は、優秀だが人間もAIも信用していないデータアナリストのアトラス・シェパードが、反逆AI“ハーラン”を討伐…

『Furiosa: A Mad Max Saga』と『The Garfield Movie』の興行収入

『Furiosa: A Mad Max Saga』 は、George Miller の名高いアクションフランチャイズの第5作目であり、カンヌ国際映画祭で世界初公開されました。プレミア上映では、監督の George Miller と主演の Anya Taylor-Joy と Chris Hemsworth を含むキャストが見守…

「IF」映画の初週末興行収入

ジョン・クラシンスキー監督のファンタジーコメディ映画「IF」は、初週末の興行収入で予想をわずかに下回り、3500万ドルを記録しました。この映画は、子供時代の想像上の友達が実在するという約束で、少なくとも4000万ドルの収益を上げると予想されていまし…

これから映画「悪は存在しない」を観てきます。

素晴らしい選択ですね!映画『悪は存在しない』は、濱口竜介監督と音楽家の石橋英子さんがタッグを組んだ作品で、自然豊かな長野県水挽町を舞台にした物語です。この映画は、第80回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員グランプリ)を受賞し、国際的にも…

「キングダム・オブ・ザ・プラネット・オブ・ジ・エイプス」の興行収入とストーリー

「キングダム・オブ・ザ・プラネット・オブ・ジ・エイプス」は、ディズニーの20世紀スタジオが制作した映画で、全世界の初週末興行収入で1億3000万ドルから1億4000万ドルを目指しています¹。この映画は、3,700の劇場で公開され、北米だけで5000万ドルから550…

本日公開の新作映画「猿の惑星」が楽しみです!

それは素晴らしいですね!本日公開される映画『猿の惑星/キングダム』は、名作『猿の惑星』シリーズの完全新作で、監督ウェス・ボールが手掛けています。この作品は、現在から300年後の世界を舞台にしており、人類と猿の立場が逆転し、猿が独裁支配を目論む…

映画「ゴジラxコング 新たなる帝国」を観てきました。初日にもかかわらず劇場は空いていました。期待値が高かったのですが、あまり面白くありませんでした…

映画の体験にご満足いただけなかったようで、残念ですね。映画「ゴジラ×コング」は、大きな期待を集めていた作品ですが、映画の感想は人それぞれですから、お気持ちもよくわかります。他に気になる映画や、もっと知りたい情報があれば、お手伝いできるかもし…

ザック・スナイダー監督の「REBEL MOON」2作が、彼の作品の中で一番面白くないように感じました。「スター・ウォーズ」のために書いた脚本がベースだったからでしょうか?

ザック・スナイダー監督の「REBEL MOON」については、彼が以前に「スター・ウォーズ」のために書いた脚本を流用したという話はありません。

ケビン・ベーコン、『フットルース』学校でスピーチ

ケビン・ベーコンが、1984年に公開された映画『フットルース』の撮影が行われた学校に40年ぶりに戻り、学生たちにスピーチを行いました。

ボックスオフィスの週末予測

「Variety」の記事によると、ホラー映画の前日譚『The First Omen』とアクションスリラー『Monkey Man』がこの週末に劇場公開されますが、『Godzilla x Kong: The New Empire』の強力な力には敵わないとされています。

Netflixで「ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE」の配信がスタートしました。とても面白いのですが、劇場公開では予想を下回る数字でした。何がダメだったのか…

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』は、2023年に公開されたアメリカ合衆国のスパイアクション映画で、『ミッション:インポッシブル』シリーズの第7作目です¹. この作品はシリーズ初の2部作であり、前編となるものです。後編である『ミ…

「ゴジラ x コング: 新帝国」が興行収入でトップに立つ見込み

「バラエティ」の記事によると、映画「ゴジラ x コング: 新帝国」が再び興行収入でトップに立つ見込みです。

スカーレット・ヨハンソンがジュラシック・ワールド新作主演へ

スカーレット・ヨハンソンが、『ジュラシック・ワールド』シリーズの新作映画に主演する可能性があると報じられています。

映画「オッペンハイマー」を観てきました。相対性理論と量子力学をそれぞれ分かりやすく説明してください。

映画「オッペンハイマー」をご覧になったのですね。相対性理論と量子力学は、現代物理学を理解する上で非常に重要な理論です。それぞれ簡単に説明いたします。

『Godzilla x Kong: The New Empire』のボックスオフィス成功

『Godzilla x Kong: The New Empire』は、イースター週末のボックスオフィスで巨大な成功を収めています。

ジェイク・ギレンホール

ジェイク・ギレンホールが、クリストファー・ノーラン監督からバットマン役を逃したことについて、ハワード・スターンのラジオ番組で語りました。

ゴーストバスターズ:フローズンエンパイアによる初日の興行収益は1600万ドル

映画「ゴーストバスターズ:フローズンエンパイア」は、北米での初日とプレビュー上映を通じて1600万ドルの興行収入を上げました¹。

「Peaky Blinders」の映画化について

「Peaky Blinders」の映画化が決定し、キリアン・マーフィーが主演を務めることが発表されました。彼は最近、オッペンハイマーでの演技によりオスカーを受賞しました。

新作映画「エイリアン:ロムルス」の公開が楽しみです。

『エイリアン:ロムルス』の公開も私も楽しみにしています。この新作は、『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレス監督が手掛け、リドリー・スコットが製作に加わっています。

高解像度映像の魅力: IMAXの世界

IMAXカメラで撮影された映像と通常の映像との主な違いは、画角の大きさ、解像度の高さ、そして視聴者に提供される臨場感の強さにあります。IMAXカメラで撮影されたシーンは、通常のカメラに比べて最大で約26%も画角が大きく、より鮮明でリアルな高解像度映像…

映画「ゴジラ-1.0」がアカデミー賞で視覚効果賞を受賞しましたが、チームが35名の少人数で驚きました。

はい、『ゴジラ-1.0』は第96回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞しました。山崎貴監督が監督・脚本・VFXを務めたこの作品は、日本映画としては初めての快挙であり、約1500万ドルの製作費で作られたにも関わらず、その技術力で世界を驚かせました²。

映画「ビートルジュース」の続編の製作が決定しているようですが、前作は公開当時どのくらいヒットしているのでしょうか?

1988年に公開された映画 『ビートルジュース』 は、ティム・バートン 監督によるホラーコメディ映画で、ビートルジュースという名前はベテルギウスの英語読みの発音にbeetle(カブトムシ)とjuice(ジュース)を当てはめたものです。